coco@web | ホームページ,ネットショップ 作成,制作は coco@web(ココアットウェブ)へ 浜松市 ホームページ作成 屋さんです。

ホームページ・ネットショップ制作 浜松市,磐田市,掛川市を中心に全国より承ります。
制作のご依頼・ご相談は、[お見積もりのご依頼][ご質問・ご相談]より
お気軽にご連絡下さい。

読み込まれないファイル・・・どうする・・・

前回の続きです。
読み込まれていない外部ファイルですが、ソースを見るとURLは http から始まっている。
えっ!それは、普通じゃないの!と思われると思いますが、https から始まるページの
外部ファイルのURLは、https から始まるようにしないとセキュリティ警告がでます。
「このページにはセキュリティで保護されている項目と保護されていない項目が含まれています。」
このような警告です。
これを解決するには、httpで始まって読み込まれているスクリプト、画像、スタイルシートなどを
全てhttpsで始り読み込めれば、セキュリティ警告は表示されなくなると・・・・。
しかし今のソースは、https://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/wordpress/にはならないし、
もちろんhttp://cocowwww.com/wordpress/にもなっていない。
まずは、公開フォルダにしてある/wordpress/を、一般設定からWordPress アドレス (URL)と
サイトアドレス (URL)に含ませることにしました。

URLを変更すれば解決!?

では、http://cocowwww.com を http://cocowwww.com/wordpress と設定。
これで外部ファイル読み込みには、http://cocowwww.com/wordpress/が付くはず。
アドレスを変更し、「変更を保存」をクリック・・・・・・・・
なんとっ!管理画面が表示されなくなってしまいました。
[.htaccess]に/wordpress/を指定しても管理画面に入れず、もうドッキリです。
まずここは、落ち着いてphpMyAdminのデータベース内のアドレスを見てみることに。
インストール時に設定した接頭辞 wp_[設定した接頭辞名]options の options_id 1 にある
siteurlを編集でhttp://cocowwww.comに変更して保存。
何事もなかったように元通りです。本当はデータベースのバックアップを取ってからが
良かったのですが、慎重に行って事無きを得ました。ここは、自己責任ですね。

さてさて、WordPress アドレス (URL)は、手を加えないほうが良いとの結果です。
サイトアドレス (URL)だけ http://cocowwww.com/wordpress としました。
そしてhttp://cocowwww.com/wordpressでアクセスすると、トップページはまともに表示、
お問い合わせは、https://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/wordpress/?page_id=54に
なっていてクリックすると、表示されました。でもやはり、外部ファイルは読み込まれてません。
httpsにならないです。というか、何もしてないから当たり前ですよね。
ここで方向性としてサイトのアドレスは、http://cocowwww.com/wordpress
お問い合わせフォームは、
 https://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/wordpress/?page_id=54にする。

やっぱり、あきらめきれない



うむむ、これだとcocowww.comのドメインでの表示にならないのと、当初決めた
https://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/inquiryにならない。
[index.php]と[.htaccess]に手を加えてhttp://cocowwww.com表示にできるか・・。
でもやはり何も手を加えない方法が良いです。
ここは、仕方なく/wordpress/をやめてルートディレクトリ直下に全ファイル移動することに
決めました。もしかしたらおかしくなって再インストールなんてこともありえますが、
まずは、素のままで行こうと・・・・。
早速、FFFTPを使ってサブディレクトリwordpressをごっそりダウンロード。
その中身をルートディレクトリ直下にアップロード。
インストール時にする初期設定ファイル達へは、ここでは特に変更箇所がなかったのでそのまま。
(これはcoco@webの環境ですので、しっかりご確認を)
データベースも特に変更箇所はなし。まずは、管理画面にアクセス。
問題なく表示されました。
サイトアドレス (URL)を http://cocowwww.com に戻します。
そして「WordPress HTTPS」の「SSL HOST」欄にhttps://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/
と入れて設定を保存。
固定ページ、お問い合わせ編集画面の「Secure post」にチェックが入っているか再確認。
まずは、トップページの表示。確認OK。
そしてお問い合わせフォーム・・今はまだこのアドレス
 https://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/wordpress/?page_id=54
お問い合わせフォームへのリンクをクリック・・・・・。表示されました・・・・けど・・・ん
まともに表示されています。HTTP設定が効いていないのか・・・・・

実はトラブルは自分で引き起こしている

アドレスはhttps://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/wordpress/?page_id=54で
正しく表示されています。
ソースをみると外部ファイルのアドレスは、ほぼhttpsになっています。
う~ん・・・大したオチではないですが、単純にルートディレクトリ直下に入れていれば
何事もなく完了していたのか・・・・。嬉しいけど、ガクッとしました。
そう他のページとの兼ね合いでドメイン指定の公開フォルダをwordpressにして、そこに
入れてしまうと、サブドメインの設定になる扱いになってしまうようです。
ドメイン公開フォルダは指定しないで、素直に直下に入れて「WordPress HTTPS」を設定すれば
一発だったのです。だからググって情報を得ていた内容は正しかった。
すべては最初からの設定が良くなかったわけではなく、共有SSLを使用する場合には不向きだった
と思いました。
同じ環境で設定している人は、同じ境遇だと思います。
こうすれば、余分にイジらずに済みます。自分で自分を振り回した感じですね。
あとパーマリンクを変更してhttps://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/inquiryにしました。
こちらも問題なく表示されます。全て解決ですね。

終わり良ければ全て良し・・

終われば何だったのだろうと・・・・。ま、こう言うもんですね。
次はサブドメインでの設定です。
実は、本サイトよりこっちの方が先にやったんですね。なので同じようにやったら
ハマってしまったんです。
さておき、
サブドメインでは、https://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/サブディレクトリ名 で
設定すれば一発OKでした。
ショップサイトwelcartを使用したデモは、サブドメインですので「WordPress HTTPS」と
welcartのシステム設定のHTTPS hostに
https://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/サブディレクトリ名 で確認済みです。

ContactForm7で少し問題が・・・

そして上の方にほぼhttpsになったと書きました。
1箇所だけ問題が。
それは、ContactForm7で送信時に読み込まれているローディング画像が表示されなくるです。
こちらは、ローディング画像のアドレスをソースでみると、http は https になっています。
これは問題ありません。その後のアドレスが、lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp に
なっていません。
ソースを見ていくと一番下の方にあるこの箇所、

var _wpcf7 = {
"loaderUrl":"https:\/\/[ドメイン]\/wp-content\/plugins\/contact-form-7\/images\/ajax-loader.gif"

専用(独自)SSLなら何の問題もないアドレスですが、共有SSLは、
このlolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jpになりますから、読み込まれないのですね。
このままだとローディング画像がなく、四角の中に赤バッテンマークが表示されますので
気持ち悪いです。そこで表示するものは表示したい精神で読み込まれる様に設定します。
FFFTPでプラグインフォルダの中にある、contact-form-7フォルダへアクセス。
その中にincludesというフォルダがあります。その中のfunctions.phpを開きます。
検索をajaxですると、この箇所に当たります。

function wpcf7_ajax_loader() {
	$url = wpcf7_plugin_url( 'images/ajax-loader.gif' );

	return apply_filters( 'wpcf7_ajax_loader', $url );
}

↑↑ここの265行目のURLを変更します。
このように、

function wpcf7_ajax_loader() {
	$url = ('http://lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp/wp-content/themes/[テーマフォルダ]/images/ajax-loader.gif');

	return apply_filters( 'wpcf7_ajax_loader', $url );
}

テーマ内のimagesフォルダないからローディング画像を読み込ませる様にしました。
ここからのほうが画像も変更しやすいしと思ってです。

こうしたことで、このようなアドレスになりローディング画像が読み込まれ表示されました。

var _wpcf7 = {
"loaderUrl":"https:\/\/lolipop-[アカウント].ssl-lolipop.jp\/wp-content\/themes\/[テーマフォルダ]\/images\/ajax-loader.gif"

ただし、ContactForm7が更新する度にそこの箇所のアドレスは変更しなければなりません。
他に方法があるのかどうか・・・。そこは課題が残ったままです。

あと、マルチサイトでの共有SSL設定は・・・今のところ無理でした。

どなたか知っていたらご教授願いたいものです。

以上、WordPress ロリポップ!共有SSLお問い合わせフォーム・・覚書でした。

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 [書籍]

著者プライム・ストラテジー株式会社

出版社ソフトバンククリエイティブ

出版日2012年3月30日

商品カテゴリー大型本

ページ数336

ISBN479736758X

Supported by amazon Product Advertising API

WordPress レッスンブック 3.x対応

WordPress レッスンブック 3.x対応 [書籍]

著者エビスコム

出版社ソシム

出版日2010年9月8日

商品カテゴリー単行本

ページ数319

ISBN4883377245

Supported by amazon Product Advertising API

WordPressデザインブック3.x対応

WordPressデザインブック3.x対応 [書籍]

著者エビスコム

出版社ソシム

出版日2011年9月1日

商品カテゴリー単行本

ページ数319

ISBN4883377830

Supported by amazon Product Advertising API

コメントお待ちしています。

*

coco@web ContactForm7 SEO SEO対策 SEO対策浜松市 SEO浜松市 WordPress WordPress coco@web WordPress HTTPS WordPress ホームページ作成 WordPress ココアットウェブ wordpressネットショップ wordpressホームページ wordpress浜北区 wordpress浜松市 お問い合わせフォーム オーダーフォーム カラーミー ココアットウェブ ネットショップ ネットショップ作成浜北区 ネットショップ作成浜松市 ネットショップ制作浜北区 ネットショップ制作浜松市 ホームページ ホームページ作成 ホームページ作成coco@web ホームページ作成ココアットウェブ ホームページ作成浜北区 ホームページ作成浜松市 ホームページ作成浜松市coco@web ホームページ作成浜松市ココアットウェブ ホームページ制作 ホームページ制作浜北区 ホームページ制作浜松市 ホームページ制作浜松市coco@web ホームページ制作浜松市ココアットウェブ レスポンシブwebデザイン レスポンシブデザイン レスポンス 不動産ホームページ 浜松市 浜松市ネットショップ 浜松市ホームページ 送信完了